BOOKS
習慣が10割

吉井 雅之
すばる舎
発売日:2018-11-21

BOOK REVIEW

今回ご紹介するのは、「習慣が10割」(すばる舎/2018年)です。

著者は吉井雅之さん。吉井さんはNo.1習慣形成コンサルタントをされております。マイナス思考で生きてきた自分に嫌気のさした時に「習慣がすべてを決めている」という言葉に出会い、もう一度だけやり直そうと思ったことがきかっけで自身が習慣形成を身につけ、現在ではコンサルティング会社「喜働塾」を立ち上げ活躍をされております。

習慣化することで人生を変える!

こちらの一冊、吉井さんのご経験をもとに、習慣形成をすることの大切さ、習慣を作るまでの秘訣、具体的な習慣形成法について述べられております。本著の構成は下記の通り

第1章 人生は「習慣が10割」
第2章 なぜ、あなたは続けられないのか?
第3章 意志が弱い人でも続く!「最強の習慣化」スキル
第4章 「脳の力」で、習慣を超強力にする
第5章  習慣の力で、「あなたの人生」が動き出す

習慣化することで何が変わるのか?

第1章では習慣形成することの大切さが述べられているのですが、具体的に続けることで何が変わるのかに触れられております。

習慣は、人と人との関係まで大きく変える力があるのです。
〜中略〜
散財ばかりで経済的な不安を抱えていた人が貯蓄できるようになったり、連戦連敗だった中学校の弱小サッカーチームが強豪校に勝ったり、勉強嫌いだった子供が自分から進んで本を読むようになったりと老若男女を問わず習慣によって大きな変化を遂げた人たちを大勢見てきました。

(本文より)

そして、習慣を続けるための秘訣。ゲームをクリアする感覚で楽しもうとか時には3日坊主も悪くはないこと、そして継続させるために「未来年表」「未来地図」を書くこともモチベーションを保つために良いと述べられております。

習慣化させる具体的方法とは?

英語、貯金、ランニング、早起き、ダイエット、禁煙などこちらを読んでいらっしゃる方は何かしら引っかかることはあるのではないでしょうか。第5章では具体的テーマと対処法を教えてくれています。

例えば早起き。早起きをするために起床時間を決めるところまでは多くの方ができると思います。しかしさらに「1個前の習慣」を決めるべきだと言うのが著者。例えば朝6時に起床する場合、さらに風呂に入る時間、夕食を済ませる時間、帰宅する時間など1つ1つ行動をさかのぼり、それらの時間までを設定しないと起床時間も決められないのです。

また、ブログやメルマガ。継続できないのは面白いこと、気の利いたことを書かなければならないと言う考えがあるのではないでしょうか。しかし、質の良い記事を書こうと気負わずに、1行でもいいので書き続けることが大切だと言うのが著者の考え。1行でも気負わずにありのままの自分を伝えることで共感するファンも増えてきますよ、と教えてくれています。

そして最後のチャプターの一文を紹介します。

「人の能力に差はなし。あるのは、習慣の差」だけである。

(本文より)

習慣継続の先にある素晴らしい未来、素晴らしい世界を教えてくれる一冊です。

おすすめ情報
ページトップに戻る