BOOKS
頑張りすぎちゃうお仕事女子の心をラクにする68のこと

服部 結子
あさ出版
発売日:2019-04-12

BOOK REVIEW

今回ご紹介するのは、『頑張りすぎちゃうお仕事女子の心をラクにする68のこと』(あさ出版/2019年)です。

著者は服部結子さん。お仕事女子ストレスケアカウンセラー。メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラー、幼稚園教諭、第二種免許、保育士、社会福祉士の資格を持つ方です。お仕事女子の自己肯定感を上げ、毎日を楽にするカウンセリングを行っています。服部さんのInstagramのフォロワ0は1年半で6万人超です。

お仕事女子にエールを送る一冊

ゴールデンウィークも後半戦。そろそろお仕事に行くのが憂鬱、なんて方いらっしゃらないでしょうか?そんなお仕事女子にエールを送ってくれるのがこちらの一冊。仕事、人間関係等々お仕事女子が悩みを持つテーマとそれに対してのアドバイスが綴られています。以下のコンテンツにまとめられているのですが、本を読むときに持っていただきたいのが、ご自身への「自己肯定感」なのです。

Part1 仕事〜自分らしく働く〜
Part2 人間関係〜心地よい関係を築く〜
Part3 心のこと〜「あなたが」あなたを大切にする〜
Part4 自分のこと〜「私」をすきになる〜
Part5 恋愛〜毎日を彩る〜
Part6 夢と理想〜あなたが望む未来を叶える〜

著者からお仕事女子へのエールを受け取るには?

「もっと頑張らなきゃ!」と思っていませんか?

これは冒頭のサブタイトルです。それに対し著者は「もっと頑張る」という言葉を発している段階ですでに頑張っていること、さらに頑張ること自体が目的になっているそうです。そのようなときはやり方自体にズレがあること、そして仕事内容や環境が自分に合っていないことのサインだから、「自分を大切にしながら仕事ができるようになることが大切だと伝えています。

「いやだ」は”今”を変えるための原動力

こちらはPart6 夢と理想の中でまとめられているものの1つ。仕事がいや、人間関係がいや、通勤電車がいや・・・そんなことを考えるとネガティブに考えないで、とアドバイスしている本や雑誌はありませんか?でもそんな気持ちに蓋をしてしまっていいのでしょうか。著者はこんなふうに考えています。

こうした「いやだ」という感情は、
何かを変えたり現状を打破するとき、
大きなエネルギーになるのです。

いやだという気持ちから、自分がどのように変化すれば気持ちが良くなるのかを、自分の気持ちに寄り添って考えるべきだとアドバイスをしてくれています。

その他にも、著書全体でお仕事女子の悩み68個、1テーマ2ページで展開されてます。一気に読むのもよし、1日1つだけきになるところを読むだけでもよし。お仕事女子が悩みあっても一歩前進できる一冊です。

おすすめ情報
ページトップに戻る