BOOKS
Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

ロルフ・ドベリ
サンマーク出版
発売日:2019-04-02

BOOK REVIEW

今回ご紹介するのは、
『Think clearly 最新の学術研究から導いた、より良い人生を送るための思考法』
(サンマーク出版/2019年)です。

著者はロルフ・ドベリさん。スイス在住でスイス航空会社の子会社数社で最高財務責任者、最高経営責任者を歴任後、ビジネス書籍の要約を提供する世界最大規模のオンライン・ライブラリー「get Abstract 」を設立。小説家、パイロットでもあります。

オンライン・ライブラリーを立ち上げられた著者が、心理学、行動経済学、哲学、投資家や起業家の思想から学んだ“未来を変えるための52の思考法”が紹介されていおります。

「よりよい人生」を送るための52の思考法とは?

52 思考法うち最初の10をちょっと覗き見

  1. 考えるより、行動しよう
  2. なんでも柔軟に修正しよう
  3. 大事な決断をするときは、十分な選択肢を検討しよう
  4. 支払いを先にしよう
  5. 簡単に頼みごとに応じるのはやめよう
  6. 戦略的に「頑固」になろう
  7. 好ましくない現実こそ受け入れよう
  8. 必要なテクノロジー以外は持たない
  9. 幸せを台無しにするような要因を取り除こう
  10. 謙虚さを心がけよう

など、日常生活を送る上でのちょっとしたことから、ひいては人生に関わる大きな決断につながる思考法について述べられています。気になったトピックはこちら

考えるより、行動しよう

考えるだけの方がラク、行動する方が難しい
何を描きたいかは、描き始めないとわからない
人生において何を求めているかを知るには、何かを初めて見るのが一番だ
(本著より)

起業についてたくさんの学びをしていても実行をしていない著者のご友人の経験が起業に至っていない例を挙げ、先に未来を描き行動することの大切さを伝えています。

自分の感情に従うのはやめよう

あなたの「過去の出来事そのもの」に注目をする
自分の感情なんてまったく当てにならないもの
「感情」は、飛んできては去っていく鳥のようなもの
(本著より)

就職試験の面接で30分の面接で採用の是非を決める場面があるかと思うのですが、あまり意味がないという研究結果もあるそうです。面接当日のやりとりよりも、面接者のそれまでの実績を仔細に検討する方が役にたつらしいのです。そこにあるのは「感情」ではなく、その人の「過去」。だからこそ感情ではなく過去にフォーカスすべきと伝えております。

本著では実際の例、研究結果の引用からの導きにより、現代人が持つべき思考法を教えてくれています。最初の段階では、自分の気になる章と気になる文章を拾いながら読むだけでも効果的で、自分の思考と向き合うときにそばに置き1つ1つ確かめながら読むと良い一冊だと思います。

おすすめ情報
ページトップに戻る