BOOKS
こうして、夢は現実になる

パム・グラウト
サンマーク出版
発売日:2019-02-26

BOOK REVIEW

今回ご紹介するのは、『こうして、夢は現実になる』(サンマーク出版/2019年)です。

著者はパム・グラウトさん。ニューヨークタイムズ・ベストセラー作家の方。これまでに著作が18冊あり、脚本を7作手がけ、2つのiPhoneアプリを製作。「ピープル」誌、「メンズ・ジャーナル」誌、ウェブサイトの「CNNトラベル」、「ハフィントンポスト」、自身の旅行ブログにも執筆されています。

世の中に成功本は多く出版されておりますが、本著はクリエイティビティを刺激しながら、読者自身が考える成功に導いてくれます。しかも、プロジェクトが全部で52あり、1週間に1つずつ実行していきます。

52のプロジェクトは何か

52 のプロジェクトは何か。いくつかピックアップすると、

第1週 夢をかなえる時間を作るレッスン
第2週 夢をかなえる「敵」を知るレッスン
第14週 「私には才能がある」と理解するレッスン
第15週 革命を起こすレッスン
第42週 傷ついた心をアートに変えるレッスン
第43週 世界を癒すレッスン

いずれのプロジェクトもレッスンを読む、プロジェクト最後に記載されているワークにトライする、心の筋肉を動かすエクササイズをこなす、という3段階をクリアするという仕掛けになっております。

本書では、夢をかなえる時間を作るために自分が夢を叶えられる素質があるということを下記の言葉で教えてくれます。

あなたの心に一瞬でも浮かんだ夢は、宇宙からの呼びかけだ。「あなたが必要だ」という召喚の声だ。
(中略)
「なぜあなたにそれがわかるの?宇宙は毎日、朝も、昼も、夜も、あなたに語りかけている。それがどんなに耳をふさいでも、宇宙は絶対にあきらめないというのに」
(本文より)

そして自分の夢を叶えられるのは自分自身だという言葉とともにワークに入ります。

ワークの内容は「時間の使い方を分析する」というもの。自分の時間の使い方を書き出し、特にSNSとテレビに使っている時間を理解することが重要で、SNSの所要時間の半分を自分の夢について考える時間に当てる。次は、ノートを用意して、毎日3つのアイディアを書き込むというもの。この2つのワークを続けることで、読者自身が夢をかなえるマインドづくりができると書かれています。

上記のようなプロジェクトが52週分。レッスンの中には周囲の反対を押しのけるワークもあり、夢をかなえるための実践的な仕掛けが1冊に詰まっています。2014年に出版されベストセラーにもなった、『こうして思考は現実になる』を彷彿とさせる、内容です。新年度、そして元号が変わるこのタイミングに自分自身で成功を掴みたいそう考えている方にオススメの一冊です。

おすすめ情報
ページトップに戻る